政局について

 第3極の目になるのは、橋下氏と小沢氏。2人とも解散総選挙には、もう少し時間の余裕が欲しいのだと思います。急いでいるのは、自民と公明。早い方が有利と考えているようです。民主は、早くても遅くても同じなのですが、現在与党なので、衆議院の任期までやりたいようです。

 野田総理は、何かの法案の成立と引き換えに、解散要求を飲むのでしょうか?国民の人気頼みの維新の実力は、未知数です。少数政党の結集を画策している小沢氏は、いつも通りの手法です。いずれにしても、準備が整うまで、もう少し解散までの時間が欲しいのでは、ないでしょうか。

 とうちゃんの個人的意見としては、選挙ばっかりやっていても仕方ないので、衆議院は任期までやるべきだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作