アメリカが最強な理由

 東西を、太平洋と大西洋に守られている。北のカナダは、同盟国。唯一のアキレス腱は、南のメキシコからの犯罪者の流入。ICBMとか、自爆テロ以外の方法で、直接、本土を攻撃出来る可能性のあったのは、戦前の日本くらい。科学技術、軍事力、経済力で群を抜いており、アメリカ以外の全世界の国が束になっても、絶対に勝てない。アメリカと、軍事技術を共有し、同盟関係を結んでいる事は、たとえ上下関係が有ったとしても、計り知れないくらいに有益です。

 古代のローマ帝国をモデルにしていると思われる、この国の軍隊は、全地球をカバーする圧倒的な展開能力を持っています。仮に、本土を占領した他国の軍隊があったとしても、銃社会のアメリカでは、一般人が普通に小火器を携行しています。つまり、大洋を越えるロジスティクスの、補給もままならない広大な国土で、気性の荒い国民性を持った3億人のゲリラを相手にすることになります。

 今後、数百年に渡って、アメリカの脅威になるのは、ハリウッド映画の題材になっている、宇宙人くらいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作