3.11

風化させないためにも、3月11日を弔いの日、震災の日として国民の休日にするべきだ(間違っても祝日では無い)。そして、14時46分には、黙祷をすることにする。そうすれば、未来永劫、記憶は薄れない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作