株について

 素人が手を出すには、本当に難しい。日本経済自体が、下り基調の時、兼業で投資するのは、やめた方がいい。企業は、資金集めのために増資し、既存株主を犠牲にする。専業でやるなら、超短期投資で勝ち目はあるかもしれない。今、最も投資効果の高いのは、いかなる状況でも上がり続ける日本の通貨、「円」だと思う。つまり、稼いだ金は、なるべく、ヘタな投資商品を買わず、そのままメガバンクに貯金をしろということだ。日本円で、借金をしている人間には辛いかもしれない。どんどん借金の価値が上がり続けるわけだから。ドル建かユーロ建に、借り換える事は出来ないのでしょうか?日本は、通貨の増刷をしなくても、消費税を20パーセントに引き上げると言う、余力があります。素晴らしい国です。

 では、いつ、素人が株式投資をすればよいのか?それは、消費税が20パーセントに引き上げられ、国債残高が減り始め、なおかつGDPが上がり続けた時です。そうなれば、バブルが再燃し、馬鹿でも勝てる状況が生まれます。つまり、株投資は5~10年のサイクルで、全力投資→手じまい、を繰り変えさねければいけません。挫折を知らない若い奴には無理でしょう。人間の寿命では足りないかもしれません。大金を手にした時には、老いぼれています。それでも意識があるうちは、常に持ち札を計算し、あの世へ旅立つ寸前まで、勝つチャンスを探り続けるのが人間の性なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作