F35


在日米海軍の広報動画より

注目すべきは、ステルス機能とBタイプの垂直離着陸機能。特にBタイプは、軽空母を持つ国(英、仏、西、伊、日、タイなど)が、喉から手が出る程、欲しがる筈です。おそらく次は、宇宙航空機の開発へと向かうのでしょう。

耐用年数を過ぎた初代のスペースシャトルが全て引退するようですが、次世代のスペースシャトルが、当然出てきます。それは、軍事から民間企業までが使うようです。

中国は、月面に有人宇宙船を着陸させて、尖閣諸島の様に領有権を主張したいようです。簡易的な無人の基地でも作って、実効支配するつもりなのでしょう。

アメリカは、火星に有人宇宙船を飛ばす計画を、なぜか諦めようとしません。これは、金の問題で、財政赤字が無くなるか、技術が進歩してコストダウンしない限り、実現しないでしょう。

いずれにしろ、もう21世紀。20世紀生まれの人間の常識や世界観は、現実とはズレてきています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作